2020年09月25日

プルミとラムルのチョコレート物語

天気悪いし涼しいかもと思って外に出してたら、思いがけず気温が上がったので、ちょっと溶けかけてしまいました。

石屋製菓 プルミとラムルのチョコレート物語(1296円)

■外装

20200924-1.jpg

紺色の本型のパッケージで、金色の縁取りの青いリボンに金色と、グレーの布地に茶色で名前が書いてあり、レンガと板チョコの壁に金色の窓枠に紫の猫と、アンティークぽい時計とシャンデリアと地図、建物と雪山のイラストが描いてあります。

■見た目

20200924-2.jpg

ミルク↑
上下が茶色に足跡の装飾で真ん中透明の個包装で、茶色で名前が書いてあります。猫の形で、色は濃いめの茶色です。

20200924-3.jpg

ホワイト↑
上下が紺色に足跡の装飾で真ん中透明の個包装で、紺色で名前が書いてあります。四角に猫の顔のついた形で、色は白です。

■匂い・味
ミルク
匂いはココア甘い香りがします。
味はミルクココア甘いです。五段階で3.5。

ホワイト
匂いはミルク甘い香りがします。
味はミルク甘いです。五段階で5。

■総評
ミルクは濃くミルクココア甘くて、ほんのりココアの苦味を感じます。ねっとりしていて少し口の中にまとわりつきます。後味はしばらくココア甘いです。
ホワイトはかなりこってりしていて口の中にまとわりつきます。味がだんだん濃く甘くなってきます。

■公式サイト
石屋製菓株式会社
http://www.shiroikoibito.ishiya.co.jp/
posted by アウステル at 00:42| Comment(0) | は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする