2018年02月06日

オーストラリアンセレクション

オーストラリアの素材を使ったチョコなので、聞いたことない食材だらけです。

Nakamura Chocolate オーストラリアンセレクション(1458円)

■外装

201802052302000.jpg

グレーのパッケージで、茶色でロゴと名前が書いてあり、麻紐が結んであります。

■内装

201802052306000.jpg

中はこんな感じ。色が分かりにくいけど。

■見た目・匂い・味

201802052306001.jpg

Coastal Rosemary & Jarrah Honey↑
明るいピンクパールかかった茶色の半球で、上部にクローバーがついてます。

匂いはローズマリーの香りがします。
味は蜂蜜甘くてローズマリーです。五段階で4.5。

201802052307000.jpg

Roasted Wattle Seed & Macadamia nut↑
濃い青の台形で、上部に長方形を組み合わせた段差があります。

匂いはナッツの香りがします。
味は芳ばしいナッツで砂糖甘いです。五段階で3.5。

201802052307001.jpg

Riberry & Spiced Orange↑
半円を組み合わせたような円錐台で、真ん中にナッツが乗ってます。色は茶色に白を吹き付けた感じです。

匂いはスパイシーなシナモンの香りがします。
味はスパイシーなシナモンとベリーとオレンジが交ざった感じ。五段階で3.5。

201802052308000.jpg

Davidson plum & Chestnut↑
台形で、上部がギザギザになってます。色は濃い赤です。

匂いは微かにプラム甘酸っぱい香りがします。
味はプラム甘酸っぱくて栗とココア甘いです。五段階で4.5。

■総評
ジャラハニーはユーカリの一種の蜂蜜で、さわやかな甘さがあって、後味は蜂蜜の優しい甘さにローズマリーがふんわりあります。
ワトルシードはナッツがいろいろ合わさったような芳ばしい味で、口溶けがよくて後味もいいです。
ライベリーは香りも味もスパイシーで、ベリーとオレンジが交ざった甘酸っぱい感じで、しばらくスパイシーです。
デビットソンプラムは先にプラムの甘酸っぱさが来て、だんだん栗の甘さが出てきます。なので後味は栗ココア甘いです。

■公式サイト
Nakamura Chocolate
http://www.nakamura-choco.jp/
ラベル:バレンタイン
posted by アウステル at 00:38| Comment(0) | あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ショコラムネ ヨーグルト味

最近はいろんなものがチョコとコラボしてますね。

カバヤ ショコラムネ ヨーグルト味(214円)

■外装

201802051645000.jpg

クリーム色のパッケージで、青に黒い縁取りと銀色の点ラインの枠に白で名前が書いてあり、銀色の六角形の丸と星の装飾っ、中身のイラストが描いてあります。

■見た目

201802051646000.jpg

丸いラムネにホワイトチョココーティングがしてあります。色はピンクと白と青です。

■匂い・味
匂いはラムネ酸っぱくミルク甘いです。
味はミルク甘くてヨーグルト酸っぱいです。五段階で2。

■総評
コーティングしてるホワイトチョコがかなり甘い分、ラムネがかなり酸っぱく感じます。ちょっと顔が引きつったり。チョコは手の熱で溶けます。

■公式サイト
カバヤ食品
http://www.kabaya.co.jp/
posted by アウステル at 00:26| Comment(0) | さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする